返済期間が長い不動産担保ローンはおすすめです

不動産担保ローンで家をリフォーム

不動産を担保にリフォーム費用を作る返済期間が長いから無理なく返済できる登記費用など別途かかる諸費用がかかる不動産担保ローンで家をリフォーム

家のリフォームをするために住宅ローンを借りようとしたのですが、年収がひっかかってしまい審査に通りませんでした。いろいろと金融機関を探しても、色よい返事がもらえなかったので困っていたところに見つけたのが不動産担保ローンです。不動産があれば、それを担保として融資を受けられる不動産担保ローンは使いみちに制限がありませんからリフォームに使っても問題ありません。それにリフォームは風呂やトイレなど一部分だけですから、融資金額も低いので審査はそれほど厳しくはなりません。

とはいえ、これまで利用したことがないタイプのローンですから、申し込みをするにあたっては不安もありました。なんとか通ってほしいと願いながら、2日ほど待って連絡が来ました。すると無事に審査に通ったということで正式に申し込みの手続きをすることになり、その後は届いた書類に必要事項を記入して提出をしたら無事に指定した口座にお金が振り込まれました。

そのお金を使って、お風呂やトイレに転倒防止のトイレを付けたり新しい機能がついた便器と浴槽にして省エネ性能を高めることができました。年寄りがいる家なので、リフォームで綺麗になっただけでなく安全に使えるようになった安心しました。